メッセージ採用担当者からあなたへ

「イノチオで働く」
という事

人財開発部 教育研修課
小久保 悦史

農業のことは、これから学んでいけばいい。

イノチオは、日本一の「農業総合支援企業」になることを目標としておりますが、「農業」という文字を見ると、どうしても農学部の学生が求められている、とイメージされる方が多いのではないでしょうか?もちろん、農学系を専攻された方も活躍されていますが、一方でそうではない方も多く活躍していらっしゃいます。実際に農業を支えるための仕事というのは無限に存在し、どんな方でも活躍できるフィールドがイノチオにはあります。


人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

イノチオが大切にしているのは、自分のやる気と可能性を信じる気持ちです。イノチオが大事にしている考え方(=フィロソフィ)の中の一説に、「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」というものがあります。考え方と熱意と能力が乗算され、それが仕事や人生への結果へとつながるという内容です。どんなに高い能力を持つ人でも、熱意が小さければ大きな結果を生み出すことが出来ませんし、考え方がマイナスであれば、どんな高い能力・熱意があったとしても結果はマイナスになってしまいます。高い熱意を持ち能力を共に高め、仲間のチャレンジを全力でサポートする社風がここにはあります。人々の繋がりが希薄になりつつあるこの現代社会だからこそ、人同士の繋がりを大切にし、自分と仲間の成長を本気で願い共に夢を持って未来へと進んでいける、そんな会社が「イノチオ」だと思っています。



イノチオの社風を感じてみてください。

是非、各種説明会やインターンシップといった機会を通じて、皆さんには直にイノチオの社風に触れて頂き、自分の目・耳など五感を駆使してどんな会社かを判断して欲しいと思います。農業の会社だから、という業種業態から選んでもらうのではなく、会社の雰囲気や仲間たちといった社風から、イノチオという会社に入りたいと思っていただけるような職場づくりを日々全力で進めています。
こんなイノチオで、自分ももっともっと成長していきたいと思っていますし、私たちと一緒に成長していきたいという学生の皆さんと、お会いできることを楽しみにしています。

人財開発部 教育研修課小久保 悦史